Be TOUGHNESS!
My Career

03

専業主婦から、
サービス提供責任者へ。
仲間と利用者さんのおかげで、
成長できる。

みつば訪問介護 あびこ
サービス提供責任者

中硲 弓子
(中途/2013年入社/前職:専業主婦)

About

出産を機に保育士を辞めて、専業主婦へ。子育てが落ち着いて、セカンドキャリアとして選んだのが介護業界でした。強い意志があったと言うよりは、「将来、自分の親の介護をする際にも役立つから」というのが正直なところ。そんな私が、サービス提供責任者として、他社のケアマネさんや相談支援員さんと連携をとりながら、利用者さんの訪問介護計画を立てたり、ヘルパーさんの指導をするようになるとは、思ってもみませんでした。

予想以上の成長の要因はふたつ。ひとつは、会社が成長途上であること。事業規模が大きくなるにつれ、自分に求められることも変わり、否が応でも新しいことに挑戦する必要がありました。失敗や反省もたくさんしましたが、経験豊富な先輩に支えられて、乗り切ることができました。
もうひとつは、介護職が大好きだということ。利用者さんのなかには、こだわりが多く、口調の厳しい方もたくさんいます。その瞬間は落ち込んだり、傷付くこともあるのですが、不思議なもので「行きたくない」と思ったことは一度もありません。むしろ、そういう方から、介護で必要なことをたくさん教えていただいた気がします。
最近では、新卒社員も入社してくるようになり、研修などを通じて指導しながら、こちらも「学び続けることの大切さ」を教わっています。若い世代に負けないように、これからも新しいことに挑戦していきたいです。

Career Story

Motivation Graph

Step 01

登録ヘルパーになり、介護職の大変さを知る。

登録ヘルパーとして入社したが、常勤ヘルパー(正社員)になる。うれしかった反面、訪問介護先で利用者さんの厳しい発言に傷つく。のちに失語症が原因だとわかり、対処できるようになったが、当時は自信を失うほど落ち込んだ。

Step 02

サービス提供責任者になるも、仲間と離ればなれに。

大阪市内で新しい事業所が次々と立ち上がり、関東にも進出するなど、事業が一気に拡大し始める。仲のいいメンバーや役員と離ればなれになり、さびしさを感じる。そうした中、サービス提供責任者を任される。挑戦と失敗をしながら、業務を覚えた。

Step 03

業務にも慣れ、介護福祉士の資格を取得。

ケアマネジャーの方など、社外の人とのつながりができてくると、サービス提供責任者の仕事もやりやすくなる。気持ちに余裕ができたので、勉強して介護福祉士の資格を取得。仕事の幅も広がった。

Step 04

実技研修が増え、社内の交流が活発になる。

2017年から新卒採用を始めたこともあり、新入社員の育成および、社内での技術力向上のために、実技研修が頻繁に行われるようになる。お互いの技術を見せ合い、意見交換する機会ができて、成長意欲が向上した。

Back to Top